こんにちは。FRAME00 CTO の aggre です。

SSR as a Service 『Renderly』の無料試用ができる『Try it out』を公開しました。

SSR as a Service とは

現在、ウェブサイトのインターフェイス の実装は旧来のサーバーサイドテンプレートから、React や Vue、Polymer などに代表される JavaScript アプリケーションに取って代わられようとしています。

JavaScript アプリケーションは顧客にとっても開発者にとってもベネフィットが多いものの、新たな課題としてボットからの品質評価が著しく低下する問題がありました。これはボットが JavaScript の実行環境を持たないために発生する問題で、SEO のスコア低下などを引き起こします。その対策として現在では、JavaScript をサーバーサイドで実行してサーバーサイドテンプレート時代と同じ結果を得ようとする『SSR(Server Side Rendering)』という手法が広く採用されています。

JavaScript アプリケーションのベネフィットの一つには、インターフェイスの実装がサーバーサイドから完全に切り離され、フロントエンドで完結するところにありました。しかし SSR のために再びサーバーサイドの実装に戻るという状況に開発者は悩まされることになります。

Renderly は開発者が余計な開発コストを払うことなく SSR の効果を得るために、SSR をサービスとして提供します。

Renderly の特徴

Renderly はバックエンドで Headless Chrome を実行しているため、どのようなアプリケーションも SSR できます。

Shadow DOM の SSR にも対応しているため、今後のウェブ開発の重要なスタックである Web Components によるアプリケーションも SSR できます。

また、対象のアプリケーションコードに変更を要求しないためいつでも付け外しができます。

SSR はリアルタイムで実行され、キャッシュ戦略にも干渉しません。

試用方法

Try it out』にアクセスし、Settings のフォームに JSON フォーマットで設定を記述後、Test ボタンをクリックします。

設定方法の詳細は Gitbook でご確認いただけます。

また、Qiita の記事ではいくつかのサンプルも公開しています。


Renderly はまだプレビュー段階ですが、サービスのトップページから無料ニューズレターを購読いただいた方にアップデートをお送りいたします。

活用をご検討の場合はぜひニューズレターをご購読ください。

FRAME00 の CTO です。TypeScript をよく書いてます。Web Components, lit-html などフロントエンドスタック、Lambda や Dynamo, S3 などのサーバーレススタックが好きです。あとアニメをよく見ます。

SSR as a Service “Renderly”

Renderly は、JavaScript の SSR 開発を不要にする SSR as a Service です。
Web Components 対応でベンダーロックインもなく柔軟な設定で SSR を可能にします。