こんにちは、FRAME00 代表の原 麻由美です。

早いもので今年ももう11月。年末や新年に向けた準備が忙しい季節となってきましたね。

このまとめは、FRAME00 がどんなチームなのか、どんなこだわりを持っているのかを少しでもみなさんに知っていただけるよう、FRAME00 チームのインプットを公開しています。

それでは、最近 FRAME00 が10月に注目したプロダクト、デザインをご紹介します!

プロダクト・サービス

個人が自ら“データ”を預ける「情報銀行」、2019年3月に事業者認定へ

個人が自ら“データ”を預ける「情報銀行」、2019年3月に事業者認定へ

総務省では2019年から始まる、「情報銀行」の事業者認定に関する説明会を実施しました。「情報銀行」という耳慣れないこのキーワード、個人データを本人の同意のもので収集・管理し、ニーズに合ったサービスを提供する事業のこと。すでに9月から日立や東京海上日動、日本郵便など6社が実証実験を開始しているそうです。認定審査は12月開始予定とのこと、詳しくはこちらからどうぞ。

https://japan.cnet.com/article/35127271

https://www.itrenmei.jp/registration/

デジタルマネーで給与 厚労省、来年にも解禁

デジタルマネーで給与 厚労省、来年にも解禁

こちらは厚生労働省からの発表です。2019年にも企業などの給与支払いを銀行口座を通さずにカードやスマートフォン(スマホ)の資金決済アプリなどに送金できるよう、給与支払いの規制を見直すとのこと。日本のキャッシュレス化に向けて、給与支払いの仕組みから促進していくようです。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36868440U8A021C1MM8000

企業が管理するのは労働ではなく健康–CRAZYが睡眠報酬制度を導入した狙い

企業が管理するのは労働ではなく健康--CRAZYが睡眠報酬制度を導入した狙い

みなさんの会社では、変わった福利厚生サービスはありますか?
こちらはウエディング事業を展開する会社が始めたユニークな睡眠報酬制度です。寝具メーカーのエアウィーヴが開発したアプリ「airweave Sleep Analysis」を使用し、睡眠時間を計測。6時間以上の睡眠を達成した日数に応じてポイントを付与するというもの。溜まったポイントは、オフィス内の食堂やカフェで利用できるそうです。従来の労働管理とは異なり、従業員のクリエイティビティを向上する新たなマネジメントとして注目したいですね。

https://japan.cnet.com/article/35126743/

2018グッドデザイン賞受賞の認定こども園 [まちのこども園 代々木公園]

2018グッドデザイン賞受賞の認定こども園 [まちのこども園 代々木公園]

2018年に発表されたグッドデザイン賞のなかから、子ども園を紹介します。代々木公園の中に位置するまちのこども園は、みんなが集う大屋根にまもられた日本家屋をイメージし、誰もがアクセス出来る地域社会との接点には、囲炉裏のある土間空間が設けられています。
子どもを中心としたコミュニティデザインも、素敵な考え方ですね。

https://www.g-mark.org/award/describe/48243

https://machihoiku.jp/133/

開発

Google Pixel デザイナーインタビュー「 Google Pixel Designers’ Story 」

Google Pixel デザイナーインタビュー「 Google Pixel Designers’ Story 」

11/1に日本上陸した Google Pixel 3 、心待ちにしていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?公式サイトでは、プロダクトデザイナーによるインタビューが公開されています。
Google が注力する最新のハードウェアをデザインすること、ソフトウェアやAIを組み合わせてベストなサービスを提供すること、最も Google らしさを体験できるプロダクトをつくることなど、デザインチームの情熱が感じられるムービーです。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=76&v=kOk98GRznJE

情報のチャンキング(小さなまとまりに分けること)が大事な理由

情報のチャンキング(小さなまとまりに分けること)が大事な理由

UXデザインにおける情報設計の参考になるムービーです。「19195552743」という11桁の数字と、「1 919 555 2743」と細かく分割(チャンク)された数字ではどちらが記憶しやすいでしょうか?(カード番号などでよく見かけますね。)

これには、人間の短期記憶が限られていて、最大7つのことしか同時に認識できないことが関係あるそうです。つまり、大きな情報は小さなまとまりに分けると認知しやすくなり、7つ以上になると認知しづらくなるようです。

https://www.nngroup.com/videos/chunking/

「Googleはパーソナライズ検索があるからね」は昔の話!? 実はもう…

これまで Google 検索ではユーザーが頻繁に訪れるサイトなど関連性によって、ユーザー毎に検索結果の表示が異なっていましたが、現在では、ユーザーが今いる位置情報を除いて、検索結果のパーソナライズは少なくなっているそうです。Google によるSNSサービス、「Google+」のサービス終了が発表されるなど、今後ウェブにおけるソーシャル性は減っていくのかもしれませんね。

https://webtan.impress.co.jp/e/2018/10/12/30680

無料で使える「記憶の定着」を促すフォント「Sans Forgetica」

無料で使える「記憶の定着」を促すフォント「Sans Forgetica」

一見読みづらいこのフォント、記憶の定着を促すようにデザインされています。
これは認知学心理学における、「望ましい困難」により脳の記憶を掘り起こす作業が大変になるほど、記憶に残るという原理によるもの。ひそかに、FRAME00/フレームダブルオーの社名にもこの原理を使っているんですよ。

https://gigazine.net/news/20181005-sans-forgetica/

お知らせ

[告知] 11/25(日)、HTML5 Conference 2018に登壇します。

HTML5 Conference 2018

最後に告知となりますが、11/25(日)に開催される「Web技術者の祭典」 HTML5 Conference に aggre が登壇します! Webに関する最新技術のトレンドが集まるこのイベントでは、「Web Components のリアル」をテーマに登壇予定です。約1600人が集まる大規模なイベントですので、関心のある方はお早めにお申し込みください。

https://events.html5j.org/conference/2018/11/

また、11月も OSS Universe by Dev が開催予定です。

イベントは近日公開予定ですので、ぜひお楽しみにお待ちください。前回のイベントレポートはこちら。

以上、FRAME00 が10月に注目したプロダクト、デザインをご紹介しました!
毎月新しい情報をお届けしていきますので、ぜひまた見てくださいね。

mayumi hara

FRAME00 の代表です。

社内起業としてEC事業立ち上げ、2011年SNSマーケティング会社創業、100社以上のマーケティング支援を経て、FRAME00 ではブランド戦略, UXが主領域。ブランディングとグロースのmixが得意 ☕️